テスト対策 深川二中編

こんにちは!室長の片野です♪

 

今回は定期テスト対策についてです!!

テーマは深川二中 3年生の理社

 

2年生の学期末試験は記述問題がかなり多かったです。

なのでしっかりと覚えた子はいつも通り。

いつもより時間をかけたけど

うる覚えの生徒さんは思ったより点が伸びず、、、という印象です。

 

このことは中3になってからさらに強まると思います。

 

成績を上げるコツですがやはりいかに早めに準備できるかが勝負です。

 

よし!じゃ英数は早めにやるぞ!ということでこの2教科はご家庭でも塾でも意識するところではあります。

 

では理社ほどうですか? まだいいかなーってなってませんか?

実際、私もそうでした笑

 

ということで、、、

木場校の理社の取り組みをご紹介します♪

 

先に言います! 

早い生徒さんはすでに

6月の試験範囲、終わっています

よく頑張ってます!☆

 

① 理科

範囲(予測):イオン・生物【2年の単元を含め】

※予測と言ってもあらかじめ生徒さんにお願いし、学校の先生に「どこから3年生の授業始めますか」と聞いてもらっているのでほぼ確実です。

 

ここでポイントとなってくるのがイオンです。この単元は苦手な生徒さんがかなり多いです。問題も複雑。(のように見えるだけ)

 

ただ問題を解くコツは至ってシンプル!

を正しく使えるか! 

それを自分で掴むのはなかなか難しいのでこの単元は授業をすることが多いです。

 

生物に関しては暗記的な要素が強いので、自習プリントとしてどんどん進めてもらっています。

 

② 社会

   範囲(予測):歴史(江戸産業の改革~)

 ※前回が鎖国まででしたのでその続き。ちょっと進度が遅めです。

 なので、公民分野が気になるところです…

 

社会に関しても暗記がメインなので自習プリントとして先に進めています。

早い生徒さんは2周目です!?

 

理社に関しては見過ごしやすい科目になるので

どうやって意識させるかがまず肝心です!!

早めのスタートで焦らずに試験対策を♪

木場校では理社暗記大会という素敵?な企画も今後開催予定です:D