定期テスト対策 東陽中編

こんばんは!

本日は講師の宇原がブログを書きます!!

初投稿です! 今回は東陽中の過去問分析です! テーマは「中3 数学」

 

大問2 確率

確率はイメージが大切!

ということがわかっていれば解ける問題。

 

確率は正確に問題の意図を捉えることが大切です。

問題文をよんで理解できなければ必ずを書くこと!!

 

絵を書いて情報を整理してから樹形図を書きましょう。

 

樹形図を面倒なくさがる生徒がたまにいますが、確率は樹形図が書ければ全て解けます!

 

ポイント

絵を描く

樹形図をかく

 

 

 

大問3 展開・因数分解

 

展開・因数分解は公式

で全て解けます。

 

  • ・・というよりこれ以外にポイントは特にないです。

 

展開ができれば因数分解ができます。

因数分解ができれば展開ができます。

 

テスト前にどのくらい計算問題を解いたのかが満点への鍵です。

 

ちなみに。

展開・因数分解は小学生でいうところの四則計算くらい大切です!!

 

ここでサボってしまうと、次にやる2次方程式や2次間数はとけません。

 

つまり!!

 

展開・因数分解でつまずいたら中学3年の数学はほぼ解けなくなります。

小学生の時に計算ドリルを毎日解いたように、展開・因数分解も毎日解いて、しっかり使えるようになりましょう。

 

ポイント

公式を覚えて使えるようにする

問題演習をたくさんやる

 

大問4・6 式の計算の利用

大門4と6は式の計算の利用です。(4の画像を割愛)

 

  • 展開や因数分解を利用した計算
  • 式の値
  • 図形に関する問題
  • 整数の性質

 

の4つが出るわけですが、ここまでの単元の応用問題といったところですね。

 

当然展開・因数分解が解けなければできません。

数学が苦手な子は、まずは展開・因数分解をマスターしてから取り組みましょう。

 

特に点差が開きやすいのが

  • 図形に関する問題
  • 整数の性質

 

の2つです。

 

なぜかって・・・

みんな苦手な証明問題だからです。

 

つまりここの問題が解ければ大きく平均点を超えた点数が取れるわけですね。

 

ここが解けるかどうかは

  • 式の計算の利用のポイントを知っているか
  • 展開・因数分解の基礎ができているか

 

の2点です。

 

木場校では大問4、6などの応用問題を解けるようにするために、3月中に基礎である展開・因数分解を完璧にしました。

 

テストまで1ヶ月以上ありますが、もうテスト対策に入れる生徒もいます。

 

木場校ではテスト前の土日に高得点を狙うためのテスト対策講座を毎週開講しています。各大問に対するポイントを教えて問題演習をしてます。内部生向けの講座ではありますが、外部の生徒ももちろん参加可能です。

 

 

詳細は4月中旬にブログにアップ予定ですが、ご質問等あればメールまたは電話またはライン@にて随時受け付けております。

 

 

これから受験をするにあたってとても大切なテストになります。

しっかり勉強して高得点を狙いましょう。