江東区木場の個別指導塾・学習塾|英才個別学院 木場校|教室紹介第2弾です

江東区木場の個別指導塾・学習塾|英才個別学院 木場校|教室紹介第2弾です

 

 

2014/11/17江東区木場に開校いたしました、英才個別学院木場校の秋山です。

 

 

本日も教室紹介を少ししたいと思います。

 

 

IMG_0012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで1スペースずつ区切られた席で自習ができます。

 

テキストも豊富にそろえてあるので勉強しやすいですよ。

 

それでは前回の解答です。

 

もう一度問題を載せましょう。

 

みなさんも知っているの童謡から国語の問題です。

 

あめあめ ふれふれ かあさんが
じゃのめで おむかい うれしいな
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン

 

 

かけましょ かばんを かあさんの
あとから ゆこゆこ かねがなる
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン

 

 

あらあら あのこは ずぶぬれだ
やなぎの ねかたで ないている
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン

 

 

かあさん ぼくのを かしましょか
きみきみ このかさ さしたまえ
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン

 

 

ぼくなら いいんだ かあさんの
おおきな じゃのめに はいってく
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン

 

ちなみに「じゃのめ」とは傘のことです。

 

5番の歌詞に出てくる「ぼく」ですが、この子は

1.お母さんといっしょに歩いている男の子

2.やなぎで泣いている子供

3.とらえかたによってはどちらともいえない

 

どれが正解でしょうか?

 

 

答え:1

 

 

お母さんと一緒:A

泣いている子供:B

 

とします。

 

 

もし仮に「ぼく」をやなぎで泣いている子供と仮定すると、

 

B「えーん・・・えーん・・・」

A「お、泣いて子供がいるぞ。雨にぬれているし、傘を貸してあげよう。どうぞ」

B「ああ、自分ならこれから母さんの傘に入って行くので大丈夫さ!ランランラン~」

 

という展開になります。不自然ですよね。

 

よって1が正解となるのですが、この問題は面白いことに小学校の低学年は

 

ほとんど間違えません。年齢を重ねるほ色々考えてしまうそうです。

 

やはりイメージすることって大切なんですね。

 

 

ところで皆さんは効果的な学習に対する「イメージ」ってありますか?

 

イメージのわかないまま何かをすすめようとすると・・・

 

先ほどの問題と同じように、深みにはまってしまいます。

 

 

是非当学院の冬期講習でイメージをスッキリさせませんか?

 

b_bn_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

:.+:.***英才個別学院 木場校 概要***.:.+.:*:

【住所】東京都江東区木場5-1-1 コンフォール2F 1Fはカレー屋さんです。

【授業時間】

平日17:00~21:30

授業①:17:00~18:25 授業②:18:30~19:55  授業③:20:00~21:25

土曜日14:00~20:00

授業①:14:00~15:25 授業②:15:30~16:55 授業③:17:00~18:25

授業④:18:30~19:55 授業⑤:20:00~21:25

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】

当教室ホームページよりお問い合わせください

②当教室までお電話ください 03-5602-9677(14:00~21:00 日・祝休み)