定期テスト対策 深川三中編

こんにちは!室長の片野です♪

 

今回は定期テスト対策についてです!!

テーマは深川三中 3年生の理社

 

前回は理科に関しては電流ということで数学が苦手な生徒さんは

ちょっと厳しい単元でしたね()

そして今回も気になることがいくつかあります。

去年の中3生と同じ流れで行くならば

 

理科に関しては早急な対策が必要です。

 

ということで前回に引き続き、、、

木場校の理社の取り組みをご紹介します♪

 

① 理科

範囲(予測):イオン・生物or力学(エネルギー)

イオンに関してはどの学校さんも3年は範囲になります。

ただ昨年、力学をこの時期に扱ったのは三中さんだけでした。

さすがと言ったところです。

 

となるとただでさえ厄介な単元イオンにダブルパンチで力学!

力学は数学よりの単元になるからです、、、

暗記でなんとかなる単元がない。。。これは波乱の予感です。

 

なので木場校ではまずイオンを徹底的に仕上げました!

これでどちらに転んでも支障なし!

時間がかかる力学に取り組んでおります♪

② 社会

   範囲(予測):歴史(江戸幕府の滅亡~)

 ※前回が産業革命まででしたのでその続き。

範囲(予測):公民

※三中さんの特徴として3年生から公民がスタートします。

範囲としては基本的人権までのときが多いです。

対策としては二中さんと同じです。

ですが三中さんは内申が取りづらいとよく聞きます。

実際にあれ!?この点数で?となることもありますがしっかりと点数をとれば

問題ないです。ただプラスでと考えるならワークをノートに何度も解き提出するなどのひと工夫があると保険になります。

 

理科が要注意!!分からなくなったらすぐ聞く!

あとに回すと他の教科もあり、

いいや!となる危険性大!

木場校では理社暗記大会という素敵?な企画も今後開催予定です:D